金融商品

金融商品とは「取引可能なあらゆる種の金融取引」と定義される。

 

主なタイプは下記の通り:

 現金やその他あらゆる金融商品を「受け取る/引き渡す」契約上の権利

 

分類

金融商品には二つの主な分類があり、その二つとは現物取引デリバティブ取引である。

 

現物取引

多くの人にとって金融商品をイメージした際に最初に思いつくものが現物取引であると思われる。現物商品の例として含まれるのは、その権利を容易に移転することのできる有価証券や、借用者と貸主の相互の同意の下で権利の移転が成立するローンまたはその他の預金のような取引である。 現物取引とはつまり、現金として認識されさまざまな取引に使用することができる「文書」であり、その価値は市場の評価によって直接下されるものであることを理解しておかなければならない。

 

デリバティブ取引

デリバティブ取引 (金融派生商品) とは原資産(基礎となる商品)の価値に基づいて価格が変動する契約の一種である。先物、オプション、そしてスワップという取引の種類に区分される。これらは資産、指数(インデックス)、利率など、一つやそれ以上の原資産の値や特性に依存し、価格が決定される。

デリバティブ取引は価格変動に対するリスクヘッジ(回避) や、リターンを狙う投機など、数多くの目的で利用される。

 

これらは市場デリバティブ取引と店頭デリバティブ取引とに分けられる。

また、金融商品は資産クラス (アセットクラス) 別に株式投資(資産発行の所有に反映する)、債券投資(投資者が資産発行に儲けたローンに反映する)によって分類することができる。さらに、もし債券投資であれば、短期(1年以下)または長期に分類される。外国為替商品とその取引は、どのカテゴリーにも属さない。

 

カテゴリ分類については下記を参照。 

金融商品タイプ

資産分類金融商品タイプ
証券その他市場デリバティブ取引店頭デリバティブ取引
有価証券 株式 該当なし ストックオプション
エクイティオプション
ストックオプション
エキゾチックデリバティブ
外国為替 該当なし 現物外国為替取引 通貨先物 外国為替オプション取引
為替先物予約
通貨スワップ
外国為替スワップ
コモディティ 該当なし スポット商品取引 商品先物取引 商品先渡し取引
債券 (短期*) 手形
例:定期社債
預金取引
例:定期預金
短期金利先物取引 金利先渡し取引
債券 (長期**) 債券 ローン 債券先物取引
債券先物決算
金利スワップ
金利キャップとフロア
金利オプション
エキゾチックデリバティブ

 

*短期は1年以下

**長期は1年超

 

 

 

最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P: V:jp D:20210518 08:53:28