プライバシー・ポリシー

第1条

個人情報に対する基本的な考え方、ADVFN PLC社(英国)その子会社と関連会社(以下弊社といいます)は、弊社がADVFN(www.advfn.com)において提供するサービス(以下「本サービス」といいます)及びそれに付帯するサービス(以下「本サービス」)を提供するにあたり必要となる最小限の情報を利用者から取得します。弊社は、利用者から取得した個人情報の保護に最大限の注意を払います。個人情報に関する弊社の基本的な考え方は、以下の通りです。

第2条 個人情報の範囲と記録

  1. 弊社がお尋ねする個人情報は、弊社のサービスをご利用いただくために必要なものに限られています。
  2. 本サービスにユーザー登録する際、弊社は利用者のハンドルネーム(ID)、メールアドレス、性別、年齢、お住まいの地域、職業、年収などをお尋ねします。利用者が登録を完了させ弊社のサービスにログインすると、弊社は利用者を認識し、利用者がどのようにサービスをご利用いただいているのかがわかるようになります。
  3. 本サービス上の有料サービスに申し込む際には利用者の氏名、住所、電話番号、生年月日、郵便番号、クレジットカードに関する情報などをお尋ねします。
  4. 弊社は利用者のIPアドレス、クッキー情報や利用者が閲覧したページ、利用者の利用環境などの情報を利用者のブラウザから自動的に受け取り、サーバに記録します。

第3条 個人情報の取得及び分析、開示、利用

  1. 原則として、弊社は利用者の個人情報をサイト上に開示いたしません。但し、アカウント名等、本サービスの運営上必要であると弊社がみなした表示は除きます。
  2. 本サービスにユーザー登録する際、弊社は利用者のハンドルネーム(ID)、メールアドレス、性別、年齢、お住まいの地域、職業、年収などをお尋ねします。利用者が登録を完了させ弊社のサービスにログインすると、弊社は利用者を認識し、利用者がどのようにサービスをご利用いただいているのかがわかるようになります。
  3. 弊社は、利用者の個人情報を以下のような目的で利用いたします。
    1. 多重登録又は本サービスを強制退会となった者の再登録を防止する目的
    2. 利用者の本サービスの利用資格とその種類を判別し、適切なサービスを提供する目的
    3. 本サービスに関する連絡、通知等を行う目的
    4. 弊社を通じて、弊社又は弊社と提携する第三者の商品又はサービスについての広告・宣伝を送付する目的
    5. 本サービスを介して利用者が商品を購入した場合に、当該商品を利用者又は利用者が指定する第三者に送付する目的
    6. 本サービスの利用者を対象とするアンケート調査への協力を要請する目的
    7. 利用者と弊社又は第三者との紛争を未然に防ぎまたは解決を図る目的
  4. 弊社は、第5項による開示を除き、利用者の個別の承諾なしに、個人情報を譲渡したり貸し出したりすることはいたしません。
  5. 以下のような場合に、弊社は個人情報を取得・分析・利用することがあります。
    1. 利用者が弊社のサービスを利用したり、弊社や弊社の提携先のページを見たりする場合。
    2. 興味のある情報を提示するなど、各利用者に最適化した情報を提供することを目的とする場合。
    3. 弊社のサービスを向上させることを目的とする場合。
    4. 利用者及び第三者に本サービスについて説明する際、利用者の統計情報を用いる場合。
    5. 利用者に対して行ったアンケート調査の回答を受領し、分析する場合。
    6. 弊社の取引企業、顧客に対し、前号のアンケート調査や、弊社のサービスから収集した情報や、弊社の利用状況に基づき分析・作成したデータをサービスとして提供する場合(その場合、個人を特定するような情報を開示することはありません。)
  6. 以下のような場合に、弊社は個人情報を取得・分析・開示することがあります。
    1. 弊社の業務委託先に、委託業務の遂行に必要な最低限の利用者の個人情報を提供する場合(ただし、委託先が法令上当然に秘密保持義務を負う場合又は委託先との間で秘密保持契約を締結している場合に限ります。)。
    2. 法的拘束力のもとで要求された場合及び特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)に基づく開示請求があった場合(判決又は仮処分により命じられた場合もしくは弁護士が開示請求者を代理してプロバイダ責任法所定の要件を満たすことを証明しかつ保証する場合に限ります。)
    3. 本サービス上での利用者の行為が、利用規約やガイドライン等に反し、弊社の権利、財産やサービス等を保護するため、必要と認められる場合
    4. 本サービスに関して弊社が利用者から訴訟、調停、仮処分、仮差押え等の提起を受けた場合に、訴訟資料として裁判所に提出する場合
    5. 利用者自身または第三者人の生命、身体および財産等に対する差し迫った危険があり、緊急の必要性がある場合
    6. 利用者が会員登録時に入力した個人情報(利用者が更新した情報を含む。)の正確性を調査するために、第三者に照会する場合
  7. 弊社は、本サービスに関する営業を第三者に譲渡する場合、本サービスに関して弊社が保有する会員の個人情報を当該第三者に譲渡致します。ただし、弊社は上記営業譲渡が正式に決定した段階で、その旨を通知する電子メールを、登録された電子メールアドレスに宛てて発信いたします。

第4条

プロバイダ責任制限法に基づく発信者情報開示請求への対応 弊社は、弊社のサービスを利用して利用者が不特定人に向けて発信した情報に関して特定電気通信役務提供者の損害賠償責任の制限及び発信者情報の開示に関する法律(プロバイダ責任制限法)第4条に基づく発信者情報の開示請求を受けたときは、次のように対処します。

  1. 開示請求者が弁護士を通じて特定の情報流通について弊社の管理するサーバへのアクセス日時と当該情報の発信者のIP アドレスの開示のみを求めた場合、開示請求者が当該情報流通により自己の権利を侵害されうるものであること(但し、本条においては、違法性阻却事由その他の抗弁事由がないこと並びに被侵害権利が著作権である場合に依拠がないことを含みません。)を疎明したときは、弊社は、上記アクセス日時及びIPアドレスを開示します。
  2. 開示請求者が弁護士を通じて特定の情報流通について当該情報を発信した会員の登録情報(ただし、氏名及び住所、電子メールアドレスに限る。)の開示を求めた場合、開示請求者が当該情報流通により自己の権利を侵害されうるものであることを開示請求者が証明し、かつ、開示請求者が当該情報流通により自己の権利を侵害されうるものであること及び開示された情報を当該被侵害権利に関する紛争の解決にのみ用いることを開示請求者及びその代理人弁護士が保証したときに限り、弊社は、当該会員に対し、7日間の期限を付して上記情報の開示につき意見を求めます。この7日間の間に当該開示請求はプロバイダ責任制限法第4条所定の要件を満たさない旨の具体的な反論とともに当該情報の開示を希望しない旨の通知を当該会員から受け取った場合、弊社は、当該会員に対し、さらに14日間の期限を付して、上記反論を疎明する資料の提出を求めます。弊社は、当該会員からの反論及び疎明資料を検討し、当該反論には十分な理由があると判断したときは、当該情報の開示をいたしません。他方、弊社が設定した期限内に当該会員が具体的な反論またはその疎明資料を提出せず、もしくは、当該会員から提出された反論及び疎明資料を検討するも当該反論には十分な理由があるとはいえないと判断したときは、弊社は、上記情報を、開示請求者の代理人弁護士に対して開示いたします。
  3. 前2 号の規定にもかかわらず、開示請求者より発信者情報の開示を求める訴訟又は仮処分を提起され、これが認容されたときは、弊社は、裁判所の命令の限度において、利用者の個人情報を開示します。なお、弊社は、当該利用者の方から裁判所に提出してよいものとして提供を受けた事実及び証拠資料を裁判所に提出すれば足りるものとし、控訴、上告、抗告、準抗告等をすることを要しないものとします。

第5条 自発的な情報開示における責任

  1. 利用者が本サービスに関して、自発的に個人情報を開示した場合、その情報は第三者によって収集されたり悪用されたりする恐れがあります。この場合、弊社は一切責任を負いません。
  2. 弊社が運営するサービス毎に特に定める場合を除き、弊社のサイト上からリンクされている第三者のサイトおよびサービスは、弊社とは独立した個人情報の保護に関する規定やデータの収集の規定を定めております。弊社は、これらの独立した規定や活動に対していかなる義務や責任も負いかねます。個人情報の提供にあたっては、各サイトの定める規約等を事前にご確認ください。

第6条 クッキー(Cookies)

  1. クッキーとは、サーバコンピュータから利用者のブラウザに送信され、利用者が使用しているコンピュータのハードディスク等に保管される情報です。
  2. クッキーの使用は業界の標準となっており、多くのサイトで、利用者に有益な機能を提供する目的でクッキーが使用されています。クッキーにより、利用者の使用するコンピュータは特定されますが、利用者個人の身元を特定できるわけではありません。
  3. 利用者がブラウザの設定でクッキーの送受信を許可している場合、各ウェブサイトはそれぞれのクッキーを利用者のブラウザに送信することができますが、利用者のブラウザはプライバシー保護のため、そのウェブサイトのサーバ自身が送信したクッキーへのみアクセスを許可します。
  4. クッキーの設定について
    1. 利用者は、クッキーの送受信に関する設定のうち、「すべてのクッキーを拒否する」を選択すると、「ログイン」が必要な弊社のサービスを利用することができなくなります。(設定方法は、ブラウザにより異なります。クッキーに関する設定方法は、お使いになっているブラウザの「ヘルプ」メニューでご確認ください。)
  5. 弊社は以下の目的のため、クッキーを使用しています
    1. 利用者が本サービスを繰り返し利用する際の利用者確認を簡略化するため。
    2. 利用者がログインしたとき又は弊社のサイトを開いたときに、弊社が保持している登録情報にアクセスするため。
    3. 利用者の興味に合わせ最も適切な広告を表示するため。
    4. 弊社の利用者数等を調査するため。
    5. 弊社のサービスを改善するため。
    6. トラフィックデータを収集するため。
  6. 弊社上の他社のクッキーについて
    1. 弊社上で広告を表示している会社が、利用者のコンピュータ上にクッキーを設定し、これにアクセスすることを弊社が許可している場合があることをご承知ください。
    2. なお、広告主によるクッキーの利用は、弊社のプライバシーの考え方ではなく広告主自身のプライバシーの考え方に従って行われます。

第7条 ご自分の利用者登録情報の編集・削除

  1. 弊社は、原則として利用者がご自分の登録情報や登録にともなう選択内容をいつでも閲覧・編集できるようにしています。ただし、利用者が登録情報を編集後も、弊社は編集前の登録情報を一定期間バックアップ目的で保有する場合があります。
  2. 弊社は、利用者が本サービスを退会したときに限り、登録情報を削除いたします。退会後に別の人が同じアカウント名を取得・利用すると混乱が起こる恐れがあるため、アカウント名は登録が削除された後でも弊社で保有いたします。また、弊社が本サービスについての利用規約に基づいて退会させた利用者については、弊社は、再登録を防止するために必要な情報を引き続き保有いたします。
  3. 利用者が本サービスを退会した後であっても、前項に定める他、弊社はバックアップ目的で一定期間これらの情報を保存する場合があります。これは、不正行為が発覚した際に弊社又は利用者の不利益を防止することなどを目的とするものです。退会後の利用者情報が本サービスに利用されることはありません。

第8条 セキュリティ

  1. 利用者の登録情報は利用者のプライバシー保護およびセキュリティのため、暗号化技術で保護されています。
  2. 弊社では、データ伝送を保護するために業界標準のSSL暗号を使用できます。

第9条 プライバシーポリシーの改訂

今後、弊社はプライバシーの考え方の全部または一部を改訂することがあります。重要な変更がある場合には、弊社のサイト上において、分かりやすい方法でお知らせします。

第10条

ご質問やご提案 ご質問やご意見がございましたら、お問い合わせフォームよりご連絡ください。

最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:42 V: D:20170527 08:11:09