イギリスポンド

Tomu600
  • オーナー
  • 107
  • 2012/10/23

景気後退からも回復し、GDPも0.6%ほど上昇しているようですね。

みなさんGBPどうおもいますか?



  • 2012年10月23日, 16:55

コメント

名無しさん

名無しさん

引用文: 名無しさん - Post #55834 - 2014年09月19日 13:50
引用文: 名無しさん - Post #55685 - 2014年09月18日 22:23スコットランド、独立賛成派が勝利した場合、イギリスポンド安に反応、ドル全面高の流れに乗って欧州通貨安がさらに進む。
独立反対派が勝利した場合、急速にポンドが買い戻されると思うが、英国の政治的な不確実性が消えたわけでは無いので一時的。
クロス円は何れの結果においても相当荒っぽい値動きが予想されるが、ドル円相場のトレンド自体はドルが強いため限定的。
大局を見極めながら落ち着いた行動が良い結果への近道です。


今後の予想、、よろしくおねがいいたしやすw


>>55685
まさにそのとおりwww
  • 2014年9月19日, 15:18
arai00

arai00

6902 2012/9/12
ポンド円が一気に180円まできましたね!^^
p.php?pid=chartscreenshot&u=pZRuGs5OtgJ1kuhHMnKxuu7t%2FsobLCzI
無料の株式チャートと高度な分析 - ADVFN (jp.advfn.com)
  • 2014年9月19日, 11:32
名無しさん

名無しさん

今週のポンドはおもしろいね。スコットランド独立ならポンド売り、否決ならポンド買いかな?それともどちらに傾いてもポンド買い?18日までのレートの推移を見て直前で決めるか!
  • 2014年9月14日, 08:07
名無しさん

名無しさん

来週はポンドに大注目※
  • 2014年9月12日, 17:46
名無しさん

名無しさん

7月英建設業PMIは小幅低下、2003年以来の高水準
18時25分配信 ロイター

[ロンドン 4日 ロイター] - マークイットが発表した7月の英建設業購買担当者景気指数(PMI)は62.4で、6月の62.6から小幅低下した。しかし雇用改善や供給不足で2003年11月以来の高水準となったほか、ロイター調査によるエコノミスト予想の62.0を上回った。

15カ月連続で改善・悪化の分かれ目となる50を上回った。建設セクター雇用指数は1997年4月の調査開始以降で最高水準となった。

作業量の増加や下請け業者の不足懸念が雇用指数の改善につながった。
  • 2014年8月4日, 18:48
名無しさん

名無しさん

ポンド、対ユーロで約2年ぶりの高値
13時19分配信 トレーダーズ・ウェブ

 ポンドは対ユーロで上昇。昨日の海外市場では、足元のポンド上昇に調整が入りポンドはさえない展開となった。ただこうした中でも、金融政策の温度差やウクライナ情勢への懸念などで、ユーロに対しては強含みで推移。本日もこの流れを引きついで、ユーロに対して上伸している。ユーロポンドは、0.7886ポンドと約2年ぶりのポンド高水準をつけた。
  • 2014年7月23日, 13:27
名無しさん

名無しさん

【市場反応】ポンド・ドル上昇、予想を上回る英国インフレ率/指標フラッシュ
17時45分配信 フィスコ

【市場反応】ポンド・ドル上昇、予想を上回る英国インフレ率ポンド・ドルは、英国6月のインフレ率が予想を上回ったことで、1.7142ドルまで堅調推移。【経済指標】・英・6月消費者物価指数:前年比+1.9%(前年比予想:+1.6%、5月:+1.5%)・英・6月消費者物価コア指数:前年比+2.0%(前年比予想:+1.7%、5月:+1.6%)・英・6月生産者物価コア指数:前年比+1.0%(産出:前年比予想:+1.0%、5月:+1.0%)
  • 2014年7月15日, 17:50
名無しさん

名無しさん

 【ロンドン時事】英国民統計局が27日発表した2014年1~3月期の同国実質GDP(国内総生産)確定値は、前期比0.8%増となり、改定値(0.8%増)と変わらなかった。
  • 2014年6月27日, 19:38
名無しさん

名無しさん

英ポンド週間見通し:景況感指標と英中銀の金融政策委員会に要注目
17時48分配信 フィスコ


■ポンド弱含み、買収案件の拒否と年内利上げ観測の後退で

先週のポンド・円は、米国企業による英国企業に対する買収提案が拒否されたこと、イングランド銀行(英中央銀行)による年内利上げ観測が後退したことで、171円98銭から169円55銭まで下落した。

しかしながら、英国政府統計局が国内総生産(GDP)の算出方式を変更し、薬物取引などの違法取引も算出対象に加えるとし、国内総生産(GDP)への寄与度が+1.7%となることでポンドはやや下げ渋る展開となった。取引レンジ:169円55銭-171円98銭。

■英国の景況感指標とイングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会に要注目

今週のポンド・円は、英国の5月の製造業・サービス業PMIやイングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会での協議を見極める展開となる。英国の景況感が大幅に改善した場合、イングランド銀行(英中央銀行)による利上げ時期が前倒しされる可能性が高まることになる。ウクライナ東部の紛争が激化した場合は、リスク回避の円買い圧力が強まるため要警戒か。

○発表予定の主要経済指標・注目イベント
・2日:5月製造業PMI(予想:57.4、4月:57.3)
・4日:5月サービス業PMI(予想:58.3、4月:58.7)
・4-5日:イングランド銀行(英中央銀行)金融政策委員会
・6日:4月商品貿易収支

予想レンジ: 168円00銭-173円00銭
  • 2014年5月31日, 19:11
名無しさん

名無しさん

あーファイザー残念...
  • 2014年5月28日, 13:38
名無しさん

名無しさん

ファイザーの買収も断念かい!
  • 2014年5月28日, 13:16
名無しさん

名無しさん

英ポンド週間見通し:上げ渋る展開か、ウクライナ大統領選挙への警戒感
5月24日(土)21時33分配信 フィスコ


■ポンド強含み、英国インフレ率上昇と小売売上高増加

先週のポンド・円は、英国の4月のインフレ率が上昇し、小売売上高が予想を上回ったことで、169円82銭から171円86銭まで強含みに推移した。しかしながら、米国企業による英国企業に対する買収提案が再び拒否されたこと、英国の4月の財政赤字が拡大したこと、5月の英中央銀行金融政策委員会議事録で年内の利上げ観測が後退したことでポンドの上値は限定的だった。取引レンジ:169円82銭-171円86銭。

■25日の欧州議会選挙後の展開に要警戒

今週のポンド・円は、25日のウクライナ大統領選挙や欧州議会選挙の結果への警戒感から上げ渋る展開が予想される。25日のウクライナ大統領選挙では、最有力候補のポロシェンコ氏が50%の票を獲得できなかった場合、3週間後の決選投票に向けて武力衝突が激化する可能性が警戒されている。

欧州議会選挙では、反ユーロ、緊縮財政を標榜する少数政党が躍進する可能性が警戒されており、ポンドの上値を抑えることになる。

○発表予定の主要経済指標・注目イベント
・30日:5月Gfk消費者信頼感指数

予想レンジ: 169円00銭-174円00銭
  • 2014年5月25日, 00:34
名無しさん

名無しさん

ポンド円週間見通し:やや弱含みを予想、英国インフレ率と国内総生産に要注目
7時53分配信 フィスコ


■ポンド円
安値:170.17円
高値:172.74円
終値:170.62円
前週末比(騰落率):-0.59%

■弱含み、年内の利上げ観測後退で

ポンドは対円で弱含みに推移した。英中央銀行インフレ報告やカーニー英中銀総裁の発言を受けて、イングランド銀行(英中央銀行)による年内の利上げ観測が後退したこと、英国の雇用情勢がやや悪化したことで弱含みに推移した。ウクライナ情勢の緊迫化を受けて、リスク回避の円買い圧力が強まった。


■やや弱含みを予想、英国インフレ率と国内総生産に要注目

想定レンジ:169.00~174.00円

ポンドは対円でやや弱含みに推移すると予想する。英国の4月の消費者物価指数は前年比+1.7%と予想されており、1-3月期の国内総生産(GDP)改定値は速報値と変わらずと見込まれている。ウクライナ大統領選挙の結果次第では、ロシアの新興財閥による英国からの資本流出懸念が高まるため、要警戒か。
  • 2014年5月19日, 08:16
名無しさん

名無しさん

【DailyFXJapan】英製造業PMIの前回分(3月)は次の通り修正されました。

3月
55.3 → 55.8 へ上方修正
  • 2014年5月1日, 18:10
名無しさん

名無しさん

■ポンド円
安値:169.52円
高値:172.19円
終値:171.95円
前週末比(騰落率):1.13%

■上昇、英労働市場の改善などが材料視される

ポンドは上昇。英国の12-2月期失業率(ILO基準)が6.9%に低下したこと、日本銀行の追加緩和観測が高まったことが要因。ただ、3月の英消費者物価指数が前年比+1.6%に鈍化したことでリスク選好的なポンド買いはやや一服した。


■もみあいか、ロシア制裁強化はポンド売り材料に

想定レンジ:168.00~173.00円

もみあいか。英中央銀行の金融政策決定会合議事録内容(4月分)や3月の英小売売上高を見極める展開となる。英労働市場の改善を意識したポンド買いが継続する可能性はあるが、英国がロシアへの金融・経済制裁を強化した場合、英国からの資産引き揚げ懸念が高まり、ポンド売り要因となる。
  • 2014年4月21日, 08:11
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:35 V: D:20170523 01:04:38