明るい未来

doragon0413
  • オーナー
  • 24
  • 2011/12/08

軟調な相場が続いていきます。7600円あたりまでやはりいくのでしょうか?今年は大底をつけて早く立ち直りを見せてもらいたいものです。



  • 2012年1月10日, 09:08

コメント

名無しさん

名無しさん

  • 2015年9月30日, 12:07
名無しさん

名無しさん

引用文: doragon0413 - Post #0 - 2012年01月10日 09:08

軟調な相場が続いていきます。7600円あたりまでやはりいくのでしょうか?今年は大底をつけて早く立ち直りを見せてもらいたいものです。




すでにコンセプトが陳腐化しているのですから新しいスレ立てを検討されては?
また、スレタイにはセンスも必要かと思われます。
ADVNF
  • 2015年4月20日, 15:43
doragon0413

doragon0413

24 2011/12/08
  • オーナー
五頭の鯨は凄いですね、上げ下げは繰り返しますが。

ここのところの20000円までは個人のパホーマンスは良くなかったと思いますが、上げのトレンドは死んでいません。

銀行に預金をしておくなら、三菱UFJあたりのメガバンクを買っておけば4桁にはなりますね。

夢を買うならみんなが見向きもしたくない銘柄かな。
俗に言うハイリスクハイリターン銘柄ですね。
買残が多いのはおすすめじゃ無いけど、ソニーも一度死んだ銘柄ですね、私はまだ持続中ですが。

シャープも東電も数年後はあの時買っておけば良かったって事になれば面白いですね。

市場から追放されなければいいんですよ。

私は静岡県浜松市在住ですが、アルバイトタイムズが発行しているDOMOという無料アルバイト情報誌を2003年の頃よりずっと見てきましたが、数ある情報誌の中でも群を抜いて人気があります。
この会社のチャートも一度目を通しておいてくださいって言うか、こんなチャートばかりですね。
ブロードバンドタワーもクリークアンドリバーもトライアイズもインターアクションもラックも・・・・・昔は凄い人気の中で凄く利益を上げさせて貰った銘柄群ですが最近復活してきています。
継続疑義から何とか継続して頑張ってきたんですね。

そんな銘柄を未だに持ち続けています。

残念ながら、ベンチャーリンクやライブドア他6銘柄みたいに大金と一緒に消えていった銘柄群もありますが。

2019年までは面白いんじゃ無いかと思います。

そう言えば最近、バイオベンチャーIPS細胞関連他ペプチドリーム、カイオム、そーせい、リプロセル他蚊帳の外ですが順番が回ってくることを希望します。


  • 2015年4月20日, 15:29
名無しさん

名無しさん

明るい未来?くだらねーな、
  • 2015年2月10日, 01:31
名無しさん

名無しさん

景気動向指数は若干の持ち直しも、トレンドはなお不透明
10時55分配信 ZUU online

景気動向指数は若干の持ち直しも、トレンドはなお不透明(写真=Thinkstock/Getty Images)
 輸出企業を中心に好業績の決算発表が続いている一方で、景気動向については、なかなか先行きのはっきりしない状況が続いている。2月9日に、内閣府が公表した昨年12月の景気動向指数でも、数字上の改善が見られたものの、上向きのトレンドとなっているとはいいがたく、不透明感が持続している様子だ。

 景気動向指数は、景気局面の総合的な判断と予測を行うための指標の一つで、多数の経済指標から算出される。基準年を100として、景気動向の違いを数字で表し、景気の先行きを予測する先行指数、現在の景気動向と共に動く一致指数、さらに遅れて動く遅行指数の3つが公表される。

 内閣府の発表によれば、2014年12月の景気動向指数の速報値では、一致指数が前月と比べて、1.5のプラス。上昇したのは2カ月ぶりだ。詳細については、3カ月の後方移動平均は0.46ポイント上昇し、3カ月連続で上向いた。他方で7カ月後方移動平均は 0.04 ポイント下降し、7カ月連続のマイナスと、比較的に長い期間でみると、下降傾向が続いている。

 内閣府は一致指数の動きを踏まえて、「指数は改善を示している。ただし、基調判断に用いている3カ月後方移動平均の変化幅は、大きいものではない」としており、慎重な見方に徹している。

 より長期的な一致指数の動きとしては、一昨年と昨年の年初までは上昇していたものの、昨年の前半は景気動向指数としても下降を続けていた。後半にかけて改善もみられたものの、上昇と下降が入り混じり、将来をなかなか見通せない動きが続いていた。

 このところ続いている各企業の好決算を受けて、今後、景気動向指数が上向いていくかも、焦点の一つになりそうだ。

 一致指数以外の動きとしては、先行指数は前月と比較して1.5ポイント上昇し3カ月ぶりの改善。後方移動平均はというと、3カ月で0.37ポイントのマイナス、7カ月で0.1ポイントの上昇となった。

 さらに、遅行指数は、前月比で2.3ポイントの下落と3カ月ぶりの下降。3カ月後方移動平均では0.03ポイント、7カ月後方移動平均で0.04ポイントの上昇となった。
  • 2015年2月9日, 11:01
名無しさん

名無しさん

息子さん強すぎw
  • 2014年12月17日, 22:22
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:42 V: D:20170629 10:44:26