<br/>23日午後の東京市場でドル・円は105円付近と、変わらずの値動き。東京市場の休場で材料難のなか、売り買いともに仕掛けづらい。また、今晩のパウエル連邦準備制度理事会(FRB)議長による議会証言が注目され、様子見ムードが広がる。<br/><br/><br/>ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円92銭から105円10銭、ユーロ・円は127円66銭から127円84銭、ユーロ・ドルは1.2155ドルから1.2177ドル。<br/><br/><br/>

<TY>