<br/>23日午後の東京市場でドル・円は105円を維持し、底堅い値動きが続く。米10年債利回りは失速したものの、下げ渋っておりドル売りは後退。欧州やオセアニアの通貨は対ドルでやや値を下げている。ただ、東京市場の休場で材料が乏しく、動きづらい地合いに変わりはない。<br/><br/><br/>ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円92銭から105円10銭、ユーロ・円は127円66銭から127円81銭、ユーロ・ドルは1.2155ドルから1.2167ドル。<br/><br/>

<TY>