FXとは
FXの取引の仕方
円高・円安
ファンダメンタル分析
FXを動かす重要指標
マクロ経済の指標
インフレとインフレ指数
雇用指数
テクニカル分析
チャートのタイプ
ローソク足
トレンド
サポートとレジデンス
反転パターン
保ちあいのパターン
リスク管理
投資プランの作成
リスク管理テクニック
投資の心理学
投資日誌

投資の心理学

19 / 20   

個人投資家は、資産運用の失敗と成功に対して、 投資方法に柔軟性を持たせる事が大切です。投資額によりサイズを決める幾つかの方法がありますが、これは洗練されたとてもシンプルなアプローチです。もっともシンプルなものは、 資金の何パーセントを使うかを決める方法です。例として、前チャプターを参照して下さい。勝ち続けているのならば、資産は運用する毎に伸びて行きます。そんな時にはポジションを増やせばいいのです。レバレージを大きくして悪い局面で大きく負け込むよりも、可能な範囲内で利益を大きくして行った方が良いでしょう。また反対に、一回負ける毎に、次のポジションを小さくすればいいのです。そうすると、継続するポジションのリスクは減少しますね。

市場はいつも変動しています。ですから、時流にあわせた取引をする事が大切になります。1つの手法にこだわらず、自分の投資方法を振り返る事も必要です。ただ、ビギナーが陥る事があるのですが、トレードの方法を常に変えるのも悪い結果を招く原因となります。このように感じる時には、トレードの本質の部分に何か問題があると思われます。

何回も繰り返しますが、投資方法の基本は壮健なものでなくてはいけません。つまり、市場の変化に耐え、柔軟である事が大切です。トレード毎の自分の投資方法を再評価する必要はない、という事ではありません。

投資の心理学 − 投資プランで感情をコントロール

既に、投資における精神的な側面について述べましたが、もう少し詳しく見てみましょう。

市場は、4つの大きな感情、脅威、欲望、幸福、必死、によってコントロールされています。 このような感情、そしてその展開はチャートに現れます。極端なレベルの例えでは、パニック売り、強烈な上げ相場がそうです。投資方法は投資家の感情のぶれを少なくする為に出来たのです。

全てのトレーダーが人間である限り、トレードに対して感情を持って当然です。幸福感が動かしているのか、そうでなければ、誰かが怒ったり、落ち込んだりしているのかも知れません。投資家が投資プランを持つのは、トレードをする前の段階で、値動き予測が出来るからです。言い換えれば、トレードをする度に、市場の仮定の変化をじっくりと予習出来るという事です。これらのステップは良きに付け悪しきに付け、大切な資料となります。既にポジションを持っている時は、次のステップを明確に考える事は難しくなります。感情が判断を鈍らせてしまうかも知れません。そんな時に、投資プランというガイドラインがあれば、トレードから感情を取り除く手助けになるのです。

訓練が足りず、プランを遂行する事が出来ないと、人間には潜在的不安が残ります。ビギナーの方でプランを作成しても、それを実行出来ない方がいらっしゃいます。それは感情に流されて、「例外」を作ってしまうからです。「このトレードだけはちょっとプランを実行しないでみよう。きっと自分が思う方向に市場は動くに違いない。」と皆さん思われるのです。これはまさに、壊滅へのシナリオです。 もう一度じっくり全体的な戦略方法を再評価しない限り、勝手にプランを変更してはいけません。もし別のより良い方法が見つかったら、それを最後まで遂行する努力をしなければなりません。

 19 / 20   
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:33 V:jp D:20171020 12:36:55