FXとは
FXの取引の仕方
円高・円安
ファンダメンタル分析
FXを動かす重要指標
マクロ経済の指標
インフレとインフレ指数
雇用指数
テクニカル分析
チャートのタイプ
ローソク足
トレンド
サポートとレジデンス
反転パターン
保ちあいのパターン
リスク管理
投資プランの作成
リスク管理テクニック
投資の心理学
投資日誌

ファンダメンタル分析

4 / 20   

外国為替取引(FX)には、2つの基本的な分析方法があります。ファンダメンタルズ分析とテクニカル分析です。ここではファンダメンタル分析、そしてその重要性について解説します。

ファンダメンタルズ分析では、国の経済の基本(ファンダメンタル)を計測し、将来の為替の動向が予測できるので、相場のトレンドをある程度見極めることができます。雇用、インフレ指数などのマクロ経済の例を取り上げ、投資対象国の経済状態を分析しましょう。

ファンダメンタルの要因

ニュースは、直接的または間接的に経済に影響しますから、ファンダメンタル要因と言えます。そしてさらにファンダメンタル要因は、経済、金融、政治要因(テロ・戦争等のアクシデント含む)の3つのカテゴリーに分類できます。

経済、金融要因は、相場に非常に大きなインパクトを与えます。指標発表時は相場が動き易いので、経済指標の発表はいつも注意深く見守られます。指標は発表まで機密扱いされます。例えば、日銀やFRBなどの中央銀行では、政策金利は厳秘に操作され、市場は注意深く様子をうかがいますが、ふたを開けて見ると、予測とかけ離れる事があります。指標の発表が相場に影響を与えるかどうか、結論的には、エコノミストの予想と比べてどういう結果になったか、その結果に対する反応を見る事になります。もし、発表された指標と予測がぴったり合えば、相場は指標前と比べてそんなに動かな いでしょう。しかし、発表が予想した数値とかけ離れると、相場におけるサプライズは大きくなります。
各指標発表の日時は決まっていますから、市場はそれぞれの指標を待ち構えます。経済・金融の指針となる指標に関する情報は、インターネットで積極的に収集する事ができます。

政治要因としては、選挙、要人発言、そして色々なアクシデント(テロ・戦争等)が挙げられます。例えば、大統領選挙、G7国際会議が予定されると、相場も織り込み模様となります。北朝鮮によ る核実験、9.11のようなテロ攻撃は、事前の予測が不可能なだけに、相場に直接影響を及ぼします。大規模な政治動向は、金融市場全体に影響を与え、トレードのパターンに影響を及ぼし、経済の流れ、経済全体を変化させます。

 4 / 20   
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:40 V:jp D:20171020 12:37:22