FXとは
FXの取引の仕方
円高・円安
ファンダメンタル分析
FXを動かす重要指標
マクロ経済の指標
インフレとインフレ指数
雇用指数
テクニカル分析
チャートのタイプ
ローソク足
トレンド
サポートとレジデンス
反転パターン
保ちあいのパターン
リスク管理
投資プランの作成
リスク管理テクニック
投資の心理学
投資日誌

FXの取引の仕方

2 / 20   

FX取引では、各国の通貨を売買します。そもそもの目的とは、ある一つの通貨をもう一つの通貨と交換し、買った通貨の価値が上がることを期待し、上がった場合にその通貨を売って利益を得ることです。

米ドル対日本円の例(利益)

1ドル100円の時に、100ドル購入したとします。

米ドル:+100
日本円:-10000 (100ドルx100=10000円)

2週間後、1ドル105円になったので、買った100ドルを売ります。

米ドル:-100
日本円:+10500 (100ドルx105=10500円)

この場合、もともと所有していた10000円が10500円になったので、500円の利益を得たことになります。

米ドル対日本円の例(損失)

1ドル100円の時に、100ドル購入したとします。

米ドル:+100
日本円:-10000 (100ドルx100=10000円)

2週間後、1ドル90円になったので、これ以上下がる前に、買った100ドルを売ります。

米ドル:-100
日本円:+9000 (100ドルx90=9000円)

この場合、もともと所有していた10000円が9000円になってしまったので、1000円の損失が出たことになります。

1ドル100円の意味

1ドル100円の「100円」は、100円を出せば1ドルが買えます、または1ドル買うには100円が必要です、という意味です。これを為替レートといい、為替レートは1分1秒単位で変化します。

USD/JPY=100の意味

為替取引は、一つの通貨を買い、もう一つの通貨を売る取引のため、通貨は必ずペアで取引されます。上記「USD/JPY」において、スラッシュ(/)の左側の通貨をベース通貨(この場合米ドル)、右側の通貨をカウンター通貨(この場合日本円)と呼びます。

この通貨を買う場合、為替レートはカウンター通貨に対しいくら支払う必要があるかを示しています。この場合、1ドルを買うのに100円払わなければならないということになります。

この通貨を売る場合、ベース通貨1に対しカウンター通貨がどれだけ得られるかを示しています。この場合、1ドルを売ると、100円手に入るということになります。

もしUSD(米ドル)がJPY(日本円)に対し上がっていくと予想した場合、この通貨ペアを買います。もしUSD(米ドル)がJPY(日本円)に対し下がっていくと予想した場合、この通貨ペアを売ります。

損益の計算方法

例1:利益

上記ではビットが109.83、アスクが109.80となっています。今後米ドルが強くなっていくと予想し、109.83で米ドルを「買い」ます。 USD/JPYのピップは0.01円です。 1ピップにつき、1000円で取引を行うとします。

翌日、期待通り米ドルが好調になったのでポジションを終了します。終了するには、110.55で「売り」ます。

110.55 – 109.83 = 0.72 = 72ピップ

72x1000円=72000円の利益が出たことになります。



例1:損失

上記を見て、今後米ドルが弱くなっていくと予想し、109.80で米ドルを「売り」ます。 USD/JPYのピップは0.01円です。 1ピップにつき、1000円で取引を行うとします。

翌日、予想に反して米ドルが好調なので、これ以上損をする前にポジションを終了することにします。終了するには、110.58で「買い」ます。

109.80 – 110.58 = -0.78 = -78ピップ

-78x1000円=-78000円の損失が出たことになります。

ビッド・アスク・スプレッド

為替取引は売値(ビッド)と買値(アスク)の間に若干の差があります。売値(ビッド)は常に買値(アスク)よりも低い値段になっています。

ビッドは、ディーラーがカウンター通貨に対しベース通貨を買ってもいいよ、という値になります。つまりビッドとは取引を行うトレーダーがディーラーに売る値になります。

その逆に、アスクとは、ディーラーがカウンター通貨に対しベース通貨を売ってもいいよ、という値になります。つまりアスクとは取引を行うトレーダーがディーラーより買う値になります。

このビッドとアスクの差をスプレッドと呼びます。

トレーディングプラットフォームには下記のような表があります。この場合のビッドは109.80、アスクは109.83、スプレッドは3(銭)です。

もし米ドルを売りたい場合、「売り」ボタンをクリックし、1ドル109.80で米ドルを売ります。もし米ドルを買いたい場合、「買い」ボタンをクリックし、1ドル109.83で米ドルを買います。

このケースでは、米ドルがベース通貨となるので、売り/買いのベースとなります。

もし円が弱くなっていくと考えた場合、USD/JPYを「買い」ます。逆に円が強くなっていくと考えた場合、USD/JPYを「売り」ます。

 2 / 20   
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:34 V:jp D:20170330 00:50:14