世界をリードするテクノロジーとビジネスソリューションプロバイダーはアマゾンの低軌道(LEO)衛星ブロードバンド・ネットワークのProject Kuiperと協業し、日本でLEO通信技術の柔軟性・レジリエンス・可用性のメリットを提供

アジア太平洋地域でProject Kuiperが発表した初の戦略的協業

(ビジネスワイヤ) -- 日本電信電話株式会社(NTT)、株式会社NTTドコモ(NTT DOCOMO)、NTTコミュニケーションズ株式会社(NTT Com)、スカパーJSAT株式会社(スカパーJSAT)は、アマゾン(NASDAQ: AMZN)の低軌道(LEO)衛星ブロードバンド・ネットワークのProject Kuiperと戦略的協業を行い、日本で高度かつ信頼性が高く、広範な軌道衛星による接�オプションを提供すると発表しました。Project Kuiperの衛星接�サービスを使用して、日本のお客様のために通信の可用性とレジリエンスを高める予定です。

本プレスリリースではマルチメディアを使用しています。リリースの全文はこちらをご覧ください。:https://www.businesswire.com/news/home/20231127439921/ja/

この協業の一環として、NTTとスカパーJSATは日本国内の企業や政府機関に対してProject Kuiperの接�サービスを提供し、NTTグループ各社がProject Kuiperの顧客となる予定です。両社はProject Kuiperを使用して、レジリエントで冗長な通信ネットワークを構築するための最新接�オプションをお客様に提供していく考えです。

日本は光ファイバーや無線などの地上通信技術によるサービスが充実していますが、その山岳地形や多くの�々のため、自�災害や他の緊急事態が起きた場合にネットワーク接�を復旧するのは困難です。Project Kuiperは、その問題に対する迅速でスケーラブルなソリューションを提供します。例えば、日本の大手モバイルネットワークプロバイダーであるNTTドコモは、ファイバーや固定無線インフラの構築に要する時間と費用をかけることなく、Project Kuiperを活用して、地方やアクセスが困難な地域を基幹通信�に接�することを計画しています。

この協業の結果、日本企業はProject Kuiperの接�を使用して、モノのインターネット、予知保全、フリートマネージメント、遠隔製造など、広範な用途をサポートできるようになります。また、お客様はProject Kuiperを使用して、アマゾンウェブサービス(AWS)に接�することにより、機械学習や人工知能などの高度なテクノロジーを実行することもできます。

今後、Project Kuiper、NTT、スカパーJSATや他の企業は、地上と宇宙との間でシームレスな通信に関するより広範な協業関係を模索して、日本企業のイノベーションを支援していきます。目標は、お客様によるリソースのより持�可能な利用をサポートし、�費者の方々に医療、金融サービス、エンターテイメントなどのオプションを改善する新たなサービスを創出することです。

「これから先、社会が直面する様々な課題の解決支援や、持�可能な経済・社会活動の確立に向けて、接�インフラ整備の改善がさらに重要になります」と、NTT代表取締役副社長の川添雄彦は述べています。「NTTのIOWNテクノロジーなど、各社の技術とリソースを結合することにより、イノベーションを加速させ、Project Kuiperと協業してさらなる価値を提供する未来を実現したいと考えています」

「NTTドコモの理念は、お客様を第一に考え、一人ひとりに合った通信ソリューションや比類ないカスタマーサポートで満�いただくことであり、アマゾンのProject Kuiperもこの理念を共有しています」と、NTTドコモ代表取締役副社長の田村穂積は述べています。「幸運にもこのような強固な通信サービスを提供している日本では、Project Kuiperの支援により、当社がイノベーションを促進し、いつでも好きなときにお客様がコミュニケーションをとれるようサポートするためのより多くのオプションを提供することにより、顧客満�度を新しいレベルに引き上げることができます」

「日本にはイノベーションの長い歴史があり、接�に対する需要が益々高まっています」と、スカパーJSATの代表取締役・執行役員副社長の福岡徹は述べています。「スカパーJSATとNTTの既存のパートナーシップは、日本企業に成長するチャンスをもたらしており、Project Kuiperが当社提供の一連のサービスに加わることは、日本のビジネスイノベーションと技術開発を加速させる重要な進展です」

「NTT、スカパーJSAT、Project Kuiper、NTTグループ各社は、どのような�況でもお客様の接�を�持し、事実上どこからでもデータを活用することにより、お客様が技術革新を��できるよう支援するという使命を共有しています」と、Project Kuiperの技術担当副社長ラジーヴ・バディアルは述べています。「NTTは、日本で信頼できる通信サービスプロバイダーであり、信頼性の高い安全なLEOブロードバンドサービスの提供に向けて、日本で準備を進めているProject Kuiperにとって理想的なパートナーです」

「AWSとNTTグループは、お客様のために技術革新を実現してきた実績があり、Project Kuiperを使用して可能性を拡大できることを嬉しく思っています」と、AWSジャパンの代表執行役員社長長崎忠雄は述べています。「Project Kuiperの接�サービスの導入により、遠隔地との接�や、セキュリティ・レジリエンス・柔軟性の高いクラウドプロバイダーの使用による業務革新に向けた新たなオプションをお客様に提供できます」

Project Kuiperは最近、衛星と通信ネットワークを構成する主要技術を検証し、プロトタイプ衛星の試験ミッションで100%の成功率を達成しました。Project Kuiperは、2024年後半に一部のお客様やパートナーとの接�サービスのベータテストを開始する予定です。NTTとスカパーJSATは今回の協業の一環として、このテストに参加する予定です。

Project Kuiperの詳細情報については、http://amazon.com/projectkuiperenterpriseをご覧ください。

NTTについて

NTTは、技術革新の力により、持�可能な社会に貢献します。同社は携帯電話事業、ITインフラストラクチャ、ネットワーク、アプリケーション、コンサルティング・プロバイダーとして、�費者や企業に対してサービスを提供する世界有数のテクノロジー企業です。デジタルビジネス・コンサルティングやマネージド・アプリケーション・サービス、ワークプレイスやクラウドソリューション、データセンター、エッジコンピューティングなどを提供しており、これらはすべて、グローバルな業界に関する深い専門知識によって支えられています。当社は、950億ドルを�える収益と33万人の従業員を擁しており、年間36億ドルの研�開発投資を行っています。事業は80を�える国や地域にまたがり、そのうち190か所のお客様にサービスを提供することができます。同社は、フォーチュン誌のグローバル100社の75%以上、その他何千もの企業や政府機関、数百万人の�費者に対してサービスを提供しています。

NTTドコモについて

8,700万�以上の加入数を有する日本の大手携帯電話会社のNTTドコモは、3G、4G、5Gモバイルネットワーク技術への世界で最も重要な貢献企業の1つです。中核となる通信サービス以外にも、ドコモは多数の事業体(+dパートナー)との協業により未知の領域に挑戦し、人々の生活や働き方に変化をもたらす魅力的で便利な付加価値サービスを創出しています。2020年以降の中期計画の下で、ドコモは最先端の5Gネットワークを開拓し、想定を�えてお客様を驚嘆させ、活気づける革新的なサービスを推進しています。詳細情報については、https://www.docomo.ne.jp/english/をご覧ください。

スカパーJSATについて

スカパーJSATは、アジア最大の衛星通信事業者として17基の衛星を有し、マルチチャンネルの有料TV放送と衛星通信サービスの両方を日本で提供できる唯一の企業です。 スカパーJSATは、200万人を�える加入者を有する日本最大の「スカパー!」プラットフォームを通じて幅広いエンターテインメントを提供しています。スカパーJSATの衛星通信サービスはアジア、インド洋、中東、太平洋、北米をカバーしており、モバイルバックホール、政府、航空、海事、石油ガス、災害復旧などの通信インフラ整備を支える上で不可欠な役割を担っています。詳細情報については、https://www.skyperfectjsat.space/enやhttps://www.skyperfectjsat.space/jsat/en/をご覧ください。

アマゾンについて

アマゾンは、4つの指針として、�争よりもお客様に目を向けること、発明に情熱を傾けること、優れたオペレーションに注力すること、長期的に思考することを拠り所としています。アマゾンは、地球で最も顧客中心の企業、地球で最高の雇用主、地球で最も安全な職場となるために努力しています。カスタマー・レビュー、ワンクリック・ショッピング、個人に合わせたお勧め、プライム、アマゾン・フルフィルメント、AWS、キンドル・ダイレクト・パブリッシング、キンドル、キャリア・チョイス、ファイヤータブレット、ファイヤーTV、アマゾンエコー、Alexa、ジャストウォークアウト・テクノロジー、アマゾン・スタジオ、クライメート・プレッジなどは、アマゾンが先駆的に開始しました。詳細情報については、amazon.com/aboutをご覧いただくか、@AmazonNewsでフォローをお願いします。

本記者発表文の公式バージョンはオリジナル言語版です。翻訳言語版は、読者の便宜を図る目的で提供されたものであり、法的効力を持ちません。翻訳言語版を資料としてご利用になる際には、法的効力を有する唯一のバージョンであるオリジナル言語版と照らし合わせて頂くようお願い致します。

NTT Public Relations ntt-pr@ntt.com

NTT DOCOMO Brand Communication Department global_pr@nttdocomo.com

NTT Communications Corporation Public Relations Office pr-cp@ntt.com

SKY Perfect JSAT Corporate Communications & Investor Relations Division pr@sptvjsat.com

Amazon Public Relations Amazon-pr@amazon.com www.amazon.com/pr

Amazon.com (NASDAQ:AMZN)
過去 株価チャート
から 1 2024 まで 2 2024 Amazon.comのチャートをもっと見るにはこちらをクリック
Amazon.com (NASDAQ:AMZN)
過去 株価チャート
から 2 2023 まで 2 2024 Amazon.comのチャートをもっと見るにはこちらをクリック