まだBitcoin Unlimitedで消耗してるの?

Share On Facebook

えー、すいません。一番消耗しているのは自分です笑

消耗し過ぎてブログ自体の更新も止まってたくらいなんですが、それはもう消耗してますよ。

 

このビットコインのスケーラビリティ問題(とその背景)、今回のBitcoin Unlimitedなどについてあまり詳しくない人もいると思いますが、無料で読める記事はこちらの記事などがお勧めで、より詳しく知りたい方は「ビットコイン研究所」の方で関連する詳細レポートが複数出ているので、そちらも確認してみてください。普段そこまでこちらのブログでサロンの宣伝はしませんが、このBitcoin Unlimitedの件は有料サロンの方でもうこれでもか、というくらいに解説、考察してるのでそちら見てもらえればいいです。というかそのせいもあり結構この件で消耗してるんですが笑

 

さて、SegwitやBitcoin Unlimitedの解説や、自分の考えはこの記事では述べませんし、十分もう考えたし、記事にもしたりしたし、もう正直お腹一杯です。

 

ユーザー視点で考えても、ビットコインやトークンの送信料が異様に高い、もしくは承認に時間がかかりすぎるなどあらゆる面で負の影響を及ぼしていますが、ビットコインを扱っているビジネスやプロジェクトにとってむしろより大きな不安やストレスを与えているのも間違いないです。

 
ビットコインが実際にフォークしたら取引所などは両方のコイン(ETHとETCのような形で)対応する必要があるのか、どちらのコインをメイン(本物?)として扱うか、送金手数料などはどうなるのか、プロジェクトにビットコイン以外を使うべきか、そもそもビットコイン自体の将来性は大丈夫なのか、など色んな不安があり、決断を強いられるような展開に今後なるのかもしれません。実際その他の事業者と直接この件で詳しく話したことはないですが、結構疲れていると思いますし、最悪のケースを想定してそれぞれ動いていると思います。

 

この問題の展開次第ではビットコインからアルトコインに本気でビジネスや開発者の興味が移るかもしれませんし、もしかしたら業界全体に復活不能なレベルのダメージが与えられるかもしれません。何が最悪の展開かはまだわからないのですが、これからビットコイン業界にとってよろしくないことが近く起こる可能性も大いにあります。

 

とはいえ、この後実際にビットコインがフォークするかどうかはまだわからないですし、どうなっても正直最後はなるようになると思っている部分もあります。「何があってもしぶとく生き残る」のがビットコインだと思ってますし、仮にビットコインが失敗したとしてもビットコインが示した可能性というのはその他のプロジェクトに引き継がれるだけだと思うので、その点では個人的には何も心配はしてません。

 

ふたを開けてみると雨降って地固まるというか、1年後くらいにはそんなこともあったね、って話になっているかもしれませんしね。実はまだ1年も経ってないのに、みんなすでに記憶のかなたに飛んでしまっているThe DAOとイーサリアムのハードフォークみたいなものです。(自分は忘れてないですがw)

というわけで、自分はこの件は一度あえて忘れ(どうせ他のところで考えなくちゃいけなくなるし)、個人的には最近あまり出来てなかったビットコイン以外のプロジェクトのリサーチや、面白いアイディア、技術の発掘などをしたいな~と思ってます。いや、本当に東京で消耗して高知に引っ越してドヤるのもどうかと思いますが、たまには息抜きも必要なのは確かですね笑

 

というわけで、何かこんなプロジェクトあるよ~、とかこんなのが面白いよ、っていうのがあれば是非コメント、Twitterなどで教えてください。積極的に調べてみようと思っています。ちなみに個人的に最近面白いなーって思ったプロジェクトはほとんどないので、(合コンの時同様)ちょっと甘めに見て行こうかなーとか思ってます。このブログでも引き続き出来るだけ趣味的に紹介してこうと思いますので、是非是非今後もよろしくお願いします。

 

Donate with IndieSquare

***
このブログではトークンを使った実験として、寄付+トークンという切り口で実験をしています。この記事が役にたった、もしくは面白かった場合は、上記の寄付ボタンをクリックして、IndieSquare Walletからビットコインで是非寄付をお願いします!このブログの独自コインCNPCOINをお返しします。

CNPCOINを集めると、CNPCOINを持っている人にしか見れないトークンフォーラムで自分のぶっちゃけ話を読めたり、トークンを使ったブロックチェーンゲームのカードの購入などに使えます!CNPCOINについて詳しくはこちらのページを参考にしてください。(もしくはサイドバーのCNPCOINについてという部分)

また、寄付金額やこのブログのアクセス数の推移により、お返しのCNPCOINのレートは変わっていきます。(初期に応援してくれる人ほどインセンティブがあるようにしています)最初は、CNPCOIN=1円から始めて、2016年8月時点でCNPCOIN=3円のレートでビットコイン寄付に対してお返ししています。

 

 

ビットコインについて「ビットコインを語ろう2.0」のブログを中心に、特に非技術者に向けて様々なメディア、講演会などで情報発信している。専門はビットコインのブロックチェーン技術の通貨以外への応用ビットコイン2.0と呼ばれる分野。日本のビットコイン業界を世界に追いつかせるべく、国内、海外の複数のプロジェクトに参画中。
ADVFN.comサイトのブログは、独立した金融解説のためのものです。これらのブログは、共通キャリア·プラットフォームを介して独立した著者によって提供されており、ADVFN PLCの意見を表すものではありません。 ADVFN PLCは、これらの記事を編集、承認等しないため、その責任を負わず、また、第三者が、これらの情報に頼ることに対して一切の保証はいたしません。 ADVFN.comサイトにおける情報は、一般的な情報と使用目的のためのもので、特定の要件に対応するものではありません。

コメントは終了しました

 
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:43 V: D:20170330 12:44:13