2017年5月15日の日経概況

Share On Facebook

2017年5月15日の東京株式市場は小幅に続落しました。

©

終値は14円05銭(0.07%)安の1万9869円85銭でした。

先週末、米国市場が続落して3週間ぶりの安値を記録、

CME, SGXの日経平均先物にも売りが膨らみ

窓を開けながら下落スタートとなりました。

為替市場の円高基調も上値を抑えましたが、

好業績を背景に押し目買いへの意欲は強く

引けにかけて力強く戻しながら終了しました。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【米国市場の動向】

 

前営業日の米国市場は4日続落しました。

ダウ工業株30種平均は4日続落して、

前営業日比22ドル81セント(0.1%)安の2万0896ドル61セント、

ナスダック総合株価指数は反発して、

前営業日比5.268ポイント(0.1%)高の6121.232で取引を終えました。

 

いずれも小幅な動きですが、

ダウ工業株30種平均は3週間ぶりの安値を記録、

ナスダックはアップル、アマゾンなどが指数を押し上げました。

 

先週に引き続き市場の重しになっているのは小売業、

ノードストロームやJCペニーなどの百貨店銘柄は

既存店売上高がともに市場予想以上に減る結果で、

同業のメーシーズ株やTJX(アメリカ版GU)にも売りが波及しました。

 

4月の消費者物価指数(CPI)が

前年同月比の上昇率が前月から縮小した結果になったのも

市場の重荷なりましたが、大きく売り込まれることにもならず

押し目を拾う買いが下値を支えました。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

12日のCME日経平均先物は小幅の続落で、

前日比50円安の1万9815円で引けました。

SGX日経平均先物も下落で寄り付き、

80円安の1万9785円でスタートしました。

 

日経は米国市場が3週間ぶりの安値で引けたことや、

CME, SGX先物の動きをにらみ、

130円44銭安の1万9753円46銭で寄り付きました。

 

円高に振れた為替市場の動きも上値を抑えましたが、

不動産株、好業績を発表した銘柄には買いが向かい、

下げ幅を縮小、前場を前週末比41円75銭(0.21%)安の

1万9842円15銭で終えました。

 

しかし、好調な業績を背景に投資家には先高観が強く

引けにかけて押し目を拾う買いが広がりました。

下落はしたものの、形的には下落継続を連想させない動きでした。

形に関してはテクニカル分析で続けます。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆6519億円、

売買高は21億5577万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1057、

値上がりは854、変わらずは104銘柄でした。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

 

日経の日足は下ヒゲを持つ陽線を形成しました。

朝方は大きく下げてスタートしましたが、

力強く戻して、丸坊主の形、前日の終値をほぼ回復して終わりました。

 

しかし、高値と安値は明確に切り下げて、下落の形、

下落の形ではあるものの、5/8から始まった高値圏での持ち合いに収まるなど、

なんとも分かりにくい形を形成しています。

 

明日、本日の安値と5/8の安値を切り下げると、

5/2と5/8の間に空いた窓を埋めにかかるので、

しばらくの調整は余儀なくされますが、

下値では押し目買いが継続して入るので、支えられることから

大きく売り込まれて、窓を埋める可能性も低いと考えられます。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

 

日本市場には週明けから悪材料のオンパレードでした。

世界を脅しているサイバーテロ(ランサムウェア)、

円高基調、3週間ぶりの安値を記録した米国市場、

弾劾まで囁かれる米国政治の不安、

ミサイル発車が観測された北朝鮮を巡る地政学的リスクなど、

 

本日の動きをみると「よくやったぞ、日経!」と褒めたくなるほど

強い動きです。

マイナスなのに強い動き?と疑問に思う方は

上述の要素が4月初旬の動きで現れたらどうなったかを想像してみてください。

 

つまり投資家はネガティブ材料を打ち消したい強気に傾いているということです。

明日はこの動きを反映して、

戻りを試す動きになる可能性が高いでしょう。

 

朝から強い動きを見せていた不動産株には

「野村不動産HD 」と日本郵政の買収観測ニュースで

加速がつきました。

手遅れ感があっただけにこれからトレンドを形成していくと思われるので、

継続して観察してフォローしてみましょう。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【各市場の動き】

 

日経平均(円):19,869.85     -14.05    -0.07%

NYダウ(ドル):20,896.61    -22.81    -0.10%

ドル(円):  113.67-68     +0.07円安  +0.06%

ユーロ(円): 124.39-43     +1.00円安  +0.81%

 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは

TBLのホームページでご覧頂けます。

 

http://www.tbladvisory.com/topics/

ADVFN.comサイトのブログは、独立した金融解説のためのものです。これらのブログは、共通キャリア·プラットフォームを介して独立した著者によって提供されており、ADVFN PLCの意見を表すものではありません。 ADVFN PLCは、これらの記事を編集、承認等しないため、その責任を負わず、また、第三者が、これらの情報に頼ることに対して一切の保証はいたしません。 ADVFN.comサイトにおける情報は、一般的な情報と使用目的のためのもので、特定の要件に対応するものではありません。

コメントを書く

 
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:31 V: D:20170526 03:41:53