4日の欧州外為市場で、ドル・円は109円32銭から109円48銭で推移。原油先物の上昇や、米長期金利は下げ渋りを意識して、ポジション調整に絡んだ円買いは一巡しつつある。ただし、新たなユーロ買い材料が提供されない場合、リスク選好的な円売りがただちに増える可能性は低いとみられる。<br/><br/>ユーロ・ドルは1.2022ドルから一時1.1999ドルまで下げたが、ユーロ・円は131円30銭から131円51銭まで戻している。<br/><br/><br/>ポンド・ドルは1.3865ドルから1.3891ドルまで反発。ドル・スイスフランは0.9137フランから0.9161フランで推移。<br/><br/>[経済指標]<br/>・英・3月住宅ローン承認件数:8.27万件(予想:8.65万件)<br/><br/>[要人発言]<br/>・英ジョンソン首相<br/>「7週間後の都市封鎖(ロックダウン)解除を見込む」<br/><br/>

<FA>