<br/>4日の東京外為市場でドル・円はじり高。早朝の取引で109円03銭を付けた後、前日海外市場でのドル売りを修正する展開となり上昇基調に。アジアの主要市場の休場で手がかりが乏しいなか、ドルの買戻しが続き夕方にかけて109円48銭まで値を上げた。<br/><br/>・ユーロ・円は131円63銭から131円44銭からまで下落した。<br/>・ユーロ・ドルは1.2065ドルから1.2007ドルまで値を下げた。<br/><br/>・17時時点:ドル・円109円40-50銭、ユーロ・円131円40-50銭<br/>・日経平均株価:休場<br/><br/>【金融政策】<br/>・豪準備銀行:政策金利を0.10%に据え置き<br/><br/>【要人発言】<br/>・豪準備銀行<br/>「回復は予想よりも強く、今後も続くと予想」<br/>「コロナ禍の価格調整で、インフレ率は4-6月期に一時的に3%超を予想」<br/>「インフレ率が持続的に2-3%の目標範囲内に収まるまで利上げはしない」<br/>「豪ドルは近年のレンジ上限にとどまっている」<br/><br/>【経済指標】<br/>・豪・3月貿易収支:+55.74億豪ドル(予想:+83.00億豪ドル、2月:+75.95億豪ドル←+75.29億豪ドル)<br/><br/><br/>

<TY>