<br/>23日午前の東京市場でドル・円は、下げ渋り。東京市場の休場で薄商いのなか、ドルは対円で105円を割り込んだものの、小幅に値を戻した。上海総合指数がプラスに転じ、円買いは一服したもよう。一方、米10年債利回りは方向感が乏しく、ドル買いは仕掛けづらい。<br/><br/><br/>ここまでの取引レンジは、ドル・円は104円92銭から105円10銭、ユーロ・円は127円66銭から127円78銭、ユーロ・ドルは1.2155ドルから1.2167ドル。<br/><br/>【要人発言】<br/>・モリソン豪首相<br/>「一時的な新型コロナウイルス雇用支援策は、3月末に終了を予定」<br/><br/>

<TY>