ユーロ・ドルは、1.0341ドル(2017/01/03)まで下落したが、1.2537ドル(2018/01/25)まで上昇。英国民投票で欧州連合(EU)からの離脱が決定し、ユーロ・円は一時109円57銭(2016/06/24)まで急落。その後114円85銭(2017/04/17)まで戻し、さらに137円50銭(2018/2/2)まで買われた。欧州中央銀行(ECB)による12月追加緩和が為替相場に与える影響は織り込み済みとなった。一方、英国と欧州連合(EU)との通商協議は最終段階を迎えているが、協議妥結については予断を許さない状況が続いている。また、ユーロ圏の企業景況感の改善は市場の期待を下回っており、リスク選好的なユーロ買い・円売りがさらに拡大する可能性は低いとみられる。<br/><br/>【ユーロ売り要因】<br/>・ECBによる12月緩和観測<br/>・ウイルス感染の再拡大<br/>・企業景況感の改善状況は期待を下回る<br/><br/>【ユーロ買い要因】<br/>・英国と欧州連合(EU)の通商交渉の妥結期待<br/>・欧州復興基金への期待、ECBによる経済支援的な金融政策<br/>・ウイルスのワクチン開発進展<br/><br/>

<CS>


Euro vs Yen (FX:EURJPY)
FXチャート
から 12 2020 まで 1 2021 Euro vs Yenのチャートをもっと見るにはこちらをクリック
Euro vs Yen (FX:EURJPY)
FXチャート
から 1 2020 まで 1 2021 Euro vs Yenのチャートをもっと見るにはこちらをクリック