ソニー、莫大なデータを長期間安全に保管するオプティカルディスク・アーカイブ第3世代発売

日付 : 2019/11/13 @ 11 : 00
情報提供 : JCN Newswire
銘柄名 : Sony Corporation (SNE)
株価 : 65.29  +0.09 (0.14%) @ 10 : 00
Sony 銘柄情報 チャート
After Hours
Last Trade
Last $ 65.23 ▼ -0.06 (-0.09%)

ソニー、莫大なデータを長期間安全に保管するオプティカルディスク・アーカイブ第3世代発売

Sony (NYSE:SNE)
過去 株価チャート

1ヵ月 : から 11 2019 まで 12 2019

Sonyのチャートをもっと見るにはこちらをクリック

ソニーは、5.5 TB※1と大容量のオプティカルディスク・アーカイブカートリッジ『ODC5500R(追記型)』と、平均3Gbps(375 MB/s)※2の高速データ転送を実現する光学ドライブユニット『ODS-D380U』や『ODS-D380F』で構成される、オプティカルディスク・アーカイブ第3世代を発売します。第3世代は、2016年発売の第2世代と比べて、1カートリッジあたりの容量は約1.7倍、転送速度は約1.5倍となり、より多くのデータを効率的に保管することができます。

本商品は、11月13日(水)から幕張メッセ(千葉県千葉市)で開催される「2019年国際放送機器展(Inter BEE 2019)」に展示されます。

オプティカルディスク・アーカイブは、パナソニック株式会社と共同開発した業務用次世代光ディスク規格「アーカイバル・ディスク」を記録メディアとして採用し、長寿命かつ耐久性に優れた大容量データストレージシステムです。4K・8Kの普及に伴い大容量化するコンテンツを扱う映像制作分野では、すでに多数の放送局やプロダクションで採用されています。

近年、ITやIoT技術の進展で大量のデータが生成されるとともに、AIの進歩に伴いデータの取得・蓄積・活用の重要性が増しています。また、公的機関で策定されたガイドラインや法規制などを受けて、研究データや公文書を長期間安全に保管する必要性が高まっています。ソニーはオプティカルディスク・アーカイブを、教育機関、医療機関やバイオ・ライフサイエンス分野などを含む研究機関、公共団体や企業の重要なデータ資産管理におけるソリューションとして提案します。

オプティカルディスク・アーカイブはオープンプラットフォーム化を推進しており、2019年11月現在、賛同企業は130社を超え、お客様の運用に応じた様々なアプリケーション※3が提供されています。ソニーは、加速度的に増加するデジタルデータの管理課題解決に向けて、光ディスク技術およびアーカイブソリューションを今後も進化させてまいります。

本リリースの詳細は下記をご参照ください。
https://www.sony.co.jp/SonyInfo/News/Press/201911/19-116/

概要:ソニー

詳細は www.sony.co.jp をご覧ください。
Source: Sony
Copyright 2019 JCN Newswire . All rights reserved.

最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

LSEとPLUSのデータはリアルタイムで表示されています。 東証、福証、札証、NYSE及びAMEXのデータは実際の取引から最低20分遅れで表示されています。
その他のデータは特に時間表示されている場合以外は、実際の取引から15分遅れで表示されています。
P: V:jp D:20191208 03:06:22