お客様へ: 現在、日本の株式データを取り扱っておりませんが、仮想通貨や外国為替、米国や英国などの世界市場の情報を得るために弊社のサイトをご利用ください。

Pウォーター Research Memo(4):光通信グループの中の好調事業の位置付け、財務レバレッジ...

日付 : 2017/04/05 @ 15 : 03
情報提供 : フィスコ

Pウォーター Research Memo(4):光通信グループの中の好調事業の位置付け、財務レバレッジ...

■業績動向<br/><br/>2. 財務状況と経営指標<br/>プレミアムウォーターホールディングス<2588>の2017年3月期第3四半期末の総資産残高は7,418百万円増(前期末比)の15,260百万円となった。そのうち流動資産は3,786百万円増の7,515百万円であり、主な要因は現預金の増加1,199百万円、売掛金の増加1,047百万円である。固定資産は3,632百万円増加の7,745百万円であり、主な要因は賃貸用資産の増加2,488百万円である。<br/><br/>一方、負債合計は7,540百万円増(前期末比)の13,049百万円となった。そのうち流動負債は2,826百万円増の6,234百万円であり、主な要因は、未払金の増加765百万円、割賦未払金の増加1,035百万円である。固定負債は4,713百万円増加の6,814百万円であり、主な要因は社債の増加2,788百万円、長期割賦未払金の増加2,345百万円である。純資産の変動は小さい。<br/><br/>経営指標(2017年3月期第3四半期末)では、流動比率が120.5%と平均的レベルであり短期的な支払能力に問題はない。自己資本比率は経営統合を経て、29.3%(2016年3月期)から14.2%(2017年3月期第3四半期末)に低下した。先行投資の回収が始まる2018年3月期以降までは内部留保の蓄積は見込めないが、大株主(光通信<9435>グループ)のIRでも好調な事業として捉えており、今後の支援も期待できるなか、顧客数の増加にアクセルを踏む。<br/><br/>(執筆:フィスコ客員アナリスト 角田 秀夫)<br/><br/>

<TN>


光通信 (TSE:9435)
過去 株価チャート

1年 : から 12 2017 まで 12 2018

光通信のチャートをもっと見るにはこちらをクリック

光通信 (TSE:9435)
日足 株価チャート

今日 : 土曜日 15年12月2018日

光通信のチャートをもっと見るにはこちらをクリック
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

LSEとPLUSのデータはリアルタイムで表示されています。 東証、福証、札証、NYSE及びAMEXのデータは実際の取引から最低20分遅れで表示されています。
その他のデータは特に時間表示されている場合以外は、実際の取引から15分遅れで表示されています。
P: V:jp D:20181215 11:31:05