ニュース:銀行株が続落・返済猶予制度を引き続き嫌気

名無しさん

みずほフィナンシャルグループ(8411)、三菱UFJフィナンシャル・グループ(8306)、三井住友フィナンシャルグループ(8316)が売買代金上位3位まで占めるなか、続落するなど、引き続き銀行株が売られている。

世界的な金融機関の自己資本規制強化を背景にした増資懸念から売られてきたが、民主党政権樹立後は、亀井静香金融相が中小企業などの借入金を返済猶予する制度について、臨時国会での法案提出に向け準備を進めるよう大塚耕平副大臣らに指示したことから、銀行を取り巻く事業環境悪化を嫌気する売りが加わってきている。





ニュース記事を読む:http://jp.advfn.com/news_Mitsubishi-Tokyo-Financial-Grp_39623283.html
  • 2009年9月25日, 15:32

コメント

名無しさん

名無しさん

まだ経済が不安定な時期に、返済猶予措置を軽々に制度化するのは非常に不適切である。銀行株の株価だけでなく、ほとんどの株価が大幅に下落している、亀井大臣の処置は間違っている。市場の反応は敏感で、違った中小企業に対する金融措置を考えないと、今70数%の国民の支持を得ている「鳩山内閣」はすぐに崩壊する、と思う。
  • 2009年9月25日, 15:32
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:42 V: D:20170529 09:35:29