PTS (私設取引システム)

PTSとは

PTSとは私設取引システム (Proprietary Trading System) の略で、各証券会社が開設しており、証券会社内で株の売買が行えるシステムのこと。コンピューターシステム上に仮の市場が開設されており、この仮市場で実際の取引を行うことができる。仮市場とはいえ実際の証券取引場での取引と同様リアルタイムで売買が行われ、値動きも起こる。

かつては取引所集中義務によって、必ず証券取引所に注文を流し取引を集中させなければならないという規定があったが、1998年12月に規制が撤廃され解禁された。

通常株取引は証券取引所の開いている時間帯、9:00~11:30 / 12:30~15:00に限定される。しかしこのシステムを利用すれば、証券取引所での取引時間に限定されず各証券会社の設定した取引時間内に取引を行えるようになり、例えば寄り付き直前、引け直後の取引や、夜間に世界中のニュースを見ながらリアルタイムに取引を行うことができる。

 

取引時間

前記したとおりPTSは証券取引所の営業時間外でも取引が可能であるため、証券取引所の取引時間に限定されず朝や夜などに取引が行える。

現在日本で開設されているPTSはチャイエックス・ジャパンとSBIジャパンネクスト証券の2つ。また、各PTS運営会社によって取引時間は異なる。

チャイエックス・ジャパン 8:00~16:00
SBIジャパンネクスト証券昼間 8:20~16:00
夜間 19:00~23:59

 

取扱銘柄

PTSでは上場しているすべての銘柄を取り扱っているわけではなく、各会社によって銘柄の数は異なる。

チャイエックス・ジャパン 1,109銘柄 (2012/12/31現在)
SBIジャパンネクスト証券 約3,500銘柄 (2012/7/13現在。国内証券取引所に上場されている普通株式及び投資信託のほぼすべて)

ADVFNではチャイエックス・ジャパンで取り扱われている銘柄のマーケット情報を提供しています。

こちらからチャイエックス・ジャパン取扱い銘柄一覧をご覧ください。

 

PTSのメリットと注意点

PTSのメリット

  • 証券取引所の取引時間外でも取引が可能
  • 証券取引所で取引するより手数料が安い
  • 証券取引所の取引時間外に行われる企業の決算発表や米国株式市場が開いている時間 (日本時間では夜) に取引が行える

PTSのデメリット

  • 取扱銘柄が限られている
  • 銘柄の数、また利用者数を考慮すると証券取引所より流動性が低い

 

日本におけるPTS

規制緩和による影響

以前はPTSで株式を企業の5%以上保有する場合は株式公開買い付け (TOB) を行う必要があり、このルールは大量の株式を買い付ける機関投資家にとって勝手が悪くPTSのシェアが伸びなかった。

しかしこのルールが廃止されたことによって機関投資家の取引量が増え、近年ではPTS取引量のシェアは全体の7%に上る。 また、更なる規制緩和によるPTS市場の拡大が期待される。

最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:31 V:jp D:20170325 21:40:29