2017年5月12日の日経概況

Share On Facebook

2017年5月12日の東京株式市場は反落しました。

©

終値は77円65銭(0.39%)安の1万9883円90銭でした。

米国市場が続落したことや、為替市場で円が強含みになったことで

2万台を前にして足踏みを続けました。

ここまで利益を積み上げてきた外国人、個人が

利益確定を出したことも相場の重荷になりましたが、

押し目では買いが入ることで下げ幅は限定的でした。

本日まで2万円をぬけなかったことで、

来週の動きは動きにくい流れが予想されます。

本日も最後までしっかりお読みください。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【米国市場の動向】

 

前営業日の米国市場は続落しました。

ダウ工業株30種平均は続落して、

前営業日比23ドル69セント(0.1%)安の2万0919ドル42セント、

ナスダック総合株価指数は小幅で6営業日ぶりに反落して、

前営業日比13.179ポイント(0.2%)安の6115.964で取引を終えました。

 

小売業への売りが膨らんだことの他、

トランプ政権の政局運営に対する不透明感が強まり

3日続落しましたが、底値では押し目買いが入り、

下げ幅は限定的でした。

 

百貨店のメーシーズやコールズなど、

小売業は市場予想に届かない業績を発表、

売りが膨らみ、相場を押し下げました。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【日本市場の動向:ファンダメンタル】

11日のCME日経平均先物は小幅の続落で、

前日比85円安の1万9865円で引けました。

一方、SGX日経平均先物は幅のある動きで、

100円安の1万9855円でスタートしました。

 

日経はわずかな動きで、方向感のないスタートになりました。

前日比19円91銭安い1万9441円64銭で寄り付き、

為替市場で円相場が強含みの流れで、下げ幅は拡大、

138円27銭安の1万9823円28銭で前場は引けました。

 

午後に入ると利益確定の売りが一巡、

14時すぎには下げ幅を縮小させながら

77円安で今週の取引を終えました。

 

前日に強い動きになっていたメガバンク銘柄には売りが広がり、

ソフトバンクやファーストリテイリングにも売りがでました。

トヨタの下げ幅も拡大しましたが、

増配発表などの株主還元強化の銘柄にはしっかり買いが入りました。

 

東証1部の売買代金は概算で2兆9645億円、

売買高は22億4862万株でした。

東証1部の値下がり銘柄数は1140、

値上がりは734、変わらずは141銘柄でした。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【日本市場の動向:テクニカル分析】

 

日経の日足は下ヒゲを持つ短陰線を形成しました。

下げ幅を広げた後、戻して終わった形なので、

急落を予感させる形の形成にはいたっておりません。

 

上昇トレンドが崩れたわけではありませんが、

2万円台が抵抗として意識されているところで

横ばいが続いた後、RSI、ストキャスティクス、

サイコロジカルラインなどのオシレーター系指標は

買われすぎが解消されずにいます。

 

テクニカルだけで判断する場合は、

しばらく調整が入ると予想されます。

調整を挟む場合は、三役好転が続いていますが、

一目均衡表の転換線とボリンジャーバンドの1σが重なる

19,570-19,530円の範囲が下落の目処になります。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【日本市場の総合分析: 今後の投資戦略】

 

今週は堅調な動きになりました。

フランス選挙で市場の予想(願い)通り、マクロン氏の勝利で終わると、

円安が進行、日経は大きく上昇して今週を始めました。

2万円の大台まで迫ってきましたが、目前で足踏み状態が続き

調整入りを予感させる形で今週の取引は終わりました。

 

来週は持ち合いが予想されます。

日米の主要な経済指標発表スケジュールが分散されていることから、

指標の結果に敏感に反応しながら上げ下げを継続する動きになる

可能性が高いと見られます。

 

注目されるスケジュールは

15日にメガバンクの決算発表<8411>みずほフィナンシャルグループ

<8316>三井住友FG、<8306>三菱UFJFG

同日に日本の4月国内企業物価指数、4月工作機械受注、

16日に米国の4月住宅着工件数・建設許可件数などが予定されています。

国内のイベントで注目されるのは

18日予定の1~3月期GDP、19日の4月訪日外客数と続きます。

 

週前半またはその後に2万円を達成すると、

達成感による売りは予想されます。

しかし、強く売り込まれる動きも考えづらいので、

前はまでの決算発表結果を踏まえて、

好業績を純粋なファンダメンタルで物色していくのが賢明な行動でしょう。

 

■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■

 

【各市場の動き】

 

日経平均(円):19,883.90     -77.65    -0.39%

NYダウ(ドル):20,919.42    -23.69    -0.11%

ドル(円):  113.84-85     -0.36円高   -0.31%

ユーロ(円):  123.66-70    -0.66円高   -0.53%

 

ジョン・シュウギョウにより毎日更新される日経概況のバックナンバーは

TBLのホームページでご覧頂けます。

 

http://www.tbladvisory.com/topics/

ADVFN.comサイトのブログは、独立した金融解説のためのものです。これらのブログは、共通キャリア·プラットフォームを介して独立した著者によって提供されており、ADVFN PLCの意見を表すものではありません。 ADVFN PLCは、これらの記事を編集、承認等しないため、その責任を負わず、また、第三者が、これらの情報に頼ることに対して一切の保証はいたしません。 ADVFN.comサイトにおける情報は、一般的な情報と使用目的のためのもので、特定の要件に対応するものではありません。

コメントを書く

 
最近閲覧した銘柄
NIK
NI225
日経平均株価
FX
USDJPY
ドル円
TSE
7203
トヨタ自動車
TSE
9984
ソフトバンク
TSE
9983
ファーストリテイリン..
ご覧いただいた銘柄が下記のボックス内に表示されますので、過去閲覧した銘柄情報に簡単にアクセスすることができます。

今すぐ無料会員登録し、カスタマイズ自由なご自身のモニターを作成しましょう。

ADVFNのサービスをご利用いただくには、 利用規約

P:40 V: D:20170923 04:05:06